脱サラはインターネットでするネットワークビジネスで!!

このままずっとサラリーマンで働き続けますか?ノルマ、残業、休日出勤。人間関係、通勤時間往復2時間。給料はあがらないのにかさばる出費。なんとかしようにも副業する時間もない。インターネットなら完全在宅、口コミ・勧誘なしで、人に知られず最速のネットワークビジネスができます。不労収入でレッツ脱サラ!

日本のサプリメントはアメリカより10年遅れている!?


☆彡
サプリメントを愛用して右上がり収入を手にする法!
☆彡



日本のサプリメントはアメリカより10年遅れている!?



アメリカでは、
サプリメント健康・教育法」(DSHEA)という法律で

「食品」と「薬」の中間的な存在
として
はっきり定義されています。



また、効果の裏付けである
科学的データの提出、検査方法、臨床結果など
詳細な情報の提供が義務付けされているのです。



一方、日本には、そのような法律はなく、
サプリメントは「単なる食品」に分類されているため、

健康食品市場には、良いものと悪いものが
混在しています。



最近、日本でもようやく
アメリカからの圧力によって、
保健機能食品
特定保健用食品+栄養機能食品)
というカテゴリーが設けられました。

あなたも、特保や、栄養機能食品ということばを
テレビなどで耳にされたことが
おありになるのではないでしょうか?



しかし、特定保健用食品は、
何らかの有用性は認められてはいるものの

実際には、どのような科学的根拠があり、

どれだけの数の人に対して臨床試験が行われて、
結果はどうだったのか

などの情報は、全く開示されていません。


ですから、わたしたちは、
商品の良し悪しや商品のクォリティーを
知ることも調べることもできない状態に置かれているのです。



日本では、法律のために
直接的に何の疾病の改善につながるのか
言ってはいけないことになっていますので、
仕方ないことでもあるのですね。



アメリカの
サプリメント健康・教育法では
科学的根拠が認められるサプリメントには、
積極的に、効能や効果を開示することを認めています。


先進的な法制度であると想われませんか?


こういうことを考えると、
日本はまだサプリメント後進国だな
という印象を持ってしまうのですが。

あなたはいかがでしょうか?



では、アメリカのサプリメント
全て良質かというと
そうとも言えないところもあるのです。


アメリカのサプリメント
日本のサプリメントより
基本的なレベルは高いと考えられますが、
実際には、そのクオリティーは様々。


たとえば、
表示された成分が入っていなかったり、
表示の量より実際の量が少なかったり
そういうこともあるようです。


しかし、アメリカのサプリメントは、
FDA(食品医薬品局)の厳しいチェックや、
第三者機関の厳しい監視があり、

粗悪な製品は駆逐され、
結局は生き残ることができないようになっています。

消費者には、ありがたいことなんですが、
これは、アメリカの話です。


サプリメント発祥の地だけのことはありますね。



それに比べ
日本のサプリメントや健康食品
の現状は、野放し状態。

市場には
不当に高価なものや
いいかげんな製品が
堂々と出回っている面があります。



大手メーカーや製薬会社のサプリメントだったら
安心できそうですが、

使うなら、やはり、
自分の目や頭で、品質を確認して
ほんとに安心して使いたいものですね。


最近は、
「オーガニック」「ナチュラル」「無精製」などのことばが流行り

いかにもよさそうなサプリメントの印象を
醸し出している製品が
増えてきましたね。


しかし、どれも、
加工方法や保存方法などの詳しい情報が少なく、
本当にいいものなの?
と想ってしまうことも少なくありません。


まあ考えてみれば、日本では、
薬事法などの規制があって

効果・効能をはっきり謳えない
ようになっているわけですから
仕方がないことでもあるわけです。


だから、医療レベルの
良質なサプリメントの製造も販売もできない
というのが、
日本のサプリメントの実情なのです。


これが、日本のサプリメント
アメリカより10年遅れていると言われるわけなのですね。




☆彡
確かなサプリメントを愛用して右上がり収入を手にするその方法は?
☆彡