脱サラはインターネットでするネットワークビジネスで!!

このままずっとサラリーマンで働き続けますか?ノルマ、残業、休日出勤。人間関係、通勤時間往復2時間。給料はあがらないのにかさばる出費。なんとかしようにも副業する時間もない。インターネットなら完全在宅、口コミ・勧誘なしで、人に知られず最速のネットワークビジネスができます。不労収入でレッツ脱サラ!

なぜアメリカがサプリメント発祥の地になったのか?


☆彡
心身と財布と人生の健康ネットワークビジネス
☆彡



なぜアメリカが、
サプリメント発祥の地になったのか?



今や時代はグローバル時代で、
どこの国にも住める時代。

しかしながら、
日本人のわたし達の文化感覚と
外国の文化感覚ではとてズレがあるもので、

アメリカで病気になった時にも
それかわかるのです。



人生、一にも二にも健康第一
命あっての物種。
病気をするとそれがよくわかりますらよね。


でも、その命、お金がなくては保てないですよね。

だからお金は命と同じくらい、
とても大事なものなのです。

無いと死にかねませんね。

これ本当です!
特にアメリカでは。


アメリカには、日本のような
国民健康保険制度がなく、

病院で治療を受けるには、
医療保険に自分で加入しなければならないからです。


加入していなければ、
100%自己負担です。

まあ、日本でも、
国民健康保険に入っていなければ、
やはり似たような状況にはなるのですが、
日本の健康保険は国の制度で、
相互扶助制度。
国民皆保険制度でのお金の出し合いですね。

アメリカでは、これが、民間の健康保険加入でしかなく
加入者の個人間の相互扶助制度だということですね。

しかし、
国民皆保険と民間保険の違いで、
その桁は日本の額とはゼロが一つ
違います。


1万円に対して、10万円というところ。


金持ちしか入れませんよね。
日本人のほとんどの方なら、やはり
入れない、いや、入らないんじゃないですか?


低所得者はそのお金が払えないからと
病院に行くことすらしなくなります。
病院に行ってみないといくらかかるかさえ
わからないのですから。



結果、
金のないやつは死ね
ってことに。


アメリカではだからまず
病気にならないように自己防衛する。

それで、健康の源、栄養補給補助食品
サプリメントが盛んになったのです。

サプリメントなら、1万円代。
医療保険なら10万円代ですから。



このサプリメントの購入者が、
紹介者を出し、その紹介者と
さらに下に下に続いていった紹介者の
毎月のサプリメント購入量の金額の
数%〜数十%の報酬が権利として入ってくる販売方法として
ネットワークビジネスがはじまったのも
やはりアメリカなんですね。

なんせこれなら、
人様のお役に立ち、
製品代を安くでき、
収入にもなるのですから。



アメリカがサプリメント発祥の地になったのは
こういうわけからだったのです。

はたまた、
サプリメント販売から始まったのですね。



☆彡
ネットワークビジネス、ちゃんと選んでいますか?
☆彡