脱サラはインターネットでするネットワークビジネスで!!

このままずっとサラリーマンで働き続けますか?ノルマ、残業、休日出勤。人間関係、通勤時間往復2時間。給料はあがらないのにかさばる出費。なんとかしようにも副業する時間もない。インターネットなら完全在宅、口コミ・勧誘なしで、人に知られず最速のネットワークビジネスができます。不労収入でレッツ脱サラ!

ネットワークビジネスの製品のサプリメントは薬?


☆彡





日本では、

薬=毒

だから、サプリメント=薬
というイメージが強いようです。


栄養補助食品ですから、
食品であって、薬ではありません。


病気になってしまったあとに
治療のために飲むのが薬。


病気にならないために摂るものです。

普段の食事が、バランスよく、
毎食毎回摂れていればいいのですが、
まず、無理ですよね。

だから、
栄養を補助して
栄養バランスをとるという発想が生まれたのですね。

また、
本来継続的に摂ることで
始めて意味があるものと言えますね。


サプリメント発祥の地は、
アメリカです。

1910年代にビタミンが発見され、
その後、サプリメント(栄養補助食品)として
消費されるようになって行きました。


アメリカには日本のような保健制度がありません。
あっても民間の保険会社で、
金額が高く、10人中3人は入っていません。


救急車を呼ぶと、4万円かかり、
また、保険会社の指定病院以外に搬送されると、
高額医療も全額自腹となり、
自己破産せざるをえない人もいます。

日本では考えられませんね。


だから、
病気にならないようにする意識が、アメリカでは高く、
サプリメントを摂って、病気にならないようにするわけですね。

日本では、まだまだ、
この意識が低いですよね。


ちなみに、
ネットワークビジネス発祥の地もアメリカで、
1934年の戦前の始まりです。


サプリメントなどの製品の使用者が
口コミで製品を紹介して、
製品の流通を起こし、
その人の起こした流通量に応じて、
右上がりの報酬を支払うというものですね。


日本発のネットワークビジネス会社と
外国発のネットワークビジネス会社がありますが、


医療レベルのサプリメントを持つ会社は、
日本展開をしません。


日本の薬事法がネックとなるからです。


ただし、個人輸入する分には問題ありません。
個人の取捨選択になるからです。


どうですか、みなさん?


サプリメントの意味を知って、
流行のサプリメントを一時的に摂るのではなく、

自分の身体と面と向き合って、自分の身体としっかり相談をしながら、
サプリメントを摂ってみられませんか?



☆彡
健康+不労収入をインターネットのザクザク集客法で!!
☆彡