脱サラはインターネットでするネットワークビジネスで!!

このままずっとサラリーマンで働き続けますか?ノルマ、残業、休日出勤。人間関係、通勤時間往復2時間。給料はあがらないのにかさばる出費。なんとかしようにも副業する時間もない。インターネットなら完全在宅、口コミ・勧誘なしで、人に知られず最速のネットワークビジネスができます。不労収入でレッツ脱サラ!

介護は突然に!でも在宅ネットワークビジネスで超安心!


☆彡
◯年後の介護を楽々にするネットワークビジネス
☆彡



介護は突然にやってきます!


でも、それまでに
在宅ネットワークビジネスやっていて、
すでに必要な不労収入を月々貰っていれば、
安心ですよね。


介護しながらでも、高齢になってでも
続けることができるからです。


実際、50代から在宅ネットワークビジネスを始めた仲間は、
ずっと介護をしながら、
インターネットを使って、
ネットワークビジネスしてきた人です。



「介護離職」
介護のために仕方なくしなければならなくなった離職のことですね。

親の介護状態が進み仕事を続けられなくなった
ということです。


「介護離職」者
年間10万人います。

日本の労働人口が約6000万
家族の数が3000万ですから0.3%
300軒に1軒は介護離職ですよ。

大変ですね。
夫婦のどちらかが働いていればまだまだいいですが、
それでも大変ですね。

 

介護保険があるでしょ!?
って?


それでも、大変でしょ!?



介護の量が増えてくると仕事を辞めざるを得ない状況に。


介護が必要になると
突然の呼び出しが増えます。

通院に通う回数が増えます。
場合によっては、
付き添いも必要です。


急に病態がかわったり、
入院になったり、

予定していなかった手術が入ることもあります。


介護は突然やってきます!


確かに、要介護認定を受ければ、
介護サービスを受けることができます。



要支援・介護認定者は、
合計607万人(平成27年4月)

症状により、ランク付けされ、
ランクにより、支給される額が決まっています。



要支援1
日常生活上をほぼ自分で行うことが可能
ADLにおいて何らかの支援が必要
支給限度額/月:5万30円

※IADL(手段的日常生活動作
買い物、家事全般、服薬管理、支払い手続き、趣味の活動など


要支援2
ADLがわずかに低下
何らかの支援が必要
支給限度額/月:10万4730円


要介護1
さらにADLが低下
排せつや入浴などに介護が必要
支給限度額/月:16万6920円


要介護2
歩行や起き上がりなどにも介護が必要
支給限度額/月:19万6160円


介護3
ADLおよびADLが著しく低下
立ち上がりや歩行が自力ではできない
排泄や入浴、衣服の着脱などにも
ほぼ全面的な介護が必要
支給限度額/月:26万9310円

※ADL(日常生活動作


食事、排泄、整容、移動、入浴などの日常生活で基本的な行動
要介護4
日常生活ほぼ全般を要介護
支給限度額/月:30万8060円


要介護5
意思の伝達も困難
介護無しには日常生活には不可能
支給限度額/月:36万650円


ありがたいのはありがたいのはですが
実際には自己負担もあります。
支給限度額の1割(一部2割)です。

要介護5で3万6650円
仕事を辞めた上に毎月この金額は痛い
ですよね。

支給限度額を超えた場合は、
全額自己負担になります。

但し、
自己負担額が一定の上限を超えると
「高額介護サービス費制度」が利用でき、
払い戻しがあります。

結局は介護もお金。お金、お金、お金
です。
負担は半端ないですね。



介護は突然に!
でも在宅ネットワークビジネスで超安心に!
保険作りしましょう!


☆彡
悠々自適の介護生活への備え、今しないでいつするの?
☆彡