脱サラはインターネットでするネットワークビジネスで!!

このままずっとサラリーマンで働き続けますか?ノルマ、残業、休日出勤。人間関係、通勤時間往復2時間。給料はあがらないのにかさばる出費。なんとかしようにも副業する時間もない。インターネットなら完全在宅、口コミ・勧誘なしで、人に知られず最速のネットワークビジネスができます。不労収入でレッツ脱サラ!

ネットワークビジネスの個人輸入、知ってる人は知っている!


ネットワークビジネスをやっていると
いずれは目にする「NFR」


「NFR」って、何?



「NFR」って、Not For Resale
の頭文字。
つまり、再販はダメよ
って意味。

再販を目的としない
を意味します。 



日本の法律では、
日本国内では購入できない製品が欲しい場合には、
個人消費目的なら、一定量の製品を
個人輸入してよいとしています。



本社が日本にない
ネットワークビジネスの製品が欲しい場合には、
NFR(個人輸入)でしか
製品を手にできません。



本社が日本、日本支社があるネットワークビジネス会社の場合、
たとえばサプリメントなら、
薬事法に定められた薬に該当する成分が入ったものを
販売できません。


しかしながら、
サプリメント、薬の基準が
国によって違うだけで、
別に海外の製品だから危険
という訳ではありません。



はたまた、日本支社ができて
国内出荷(OGT:on the ground
という形になれば、
製品に使われている原料が、
日本の法律に合っているかどうか

それを検査をして、
ラベルを日本仕様に張り替えてからでないと、
国内販売ができないようになっています。

 

あるネットワークビジネス会社の物で
その成分が入ったサプリメントが欲しければ、
別途、NFR(個人輸入)すればいいだけ
ということになりますね。




知ってる人は、
今までも知っていたのです!



個人消費が目的ですから、
たとえば外資系企業が、
日本未発売の本国商品を
個人輸入で購入する場合、
日本国内での再販・転売は禁止。

再販できない=購入した物を他人に販売できない
という意味ですから。


良い製品だからサンプルを配布したい
そう思っても多くの購入はダメ
ってことです。


はたまた、NFR(個人輸入)は
個人で愛用する目的で購入するものなので、
購入量も制限されます。


また、
日本支社のないネットワークビジネス会社の製品でも
NFR(個人輸入)という形で
ビジネスすることもでき、
流通量拡大の報酬もきちんと手にすることができます。



最後に、NFR(個人輸入は、
購入金額によって関税がかかります。
関税は輸入品に課せられる税金です。

また、送料もかかります。


個人輸入の課税対象となるのは、
「製品購入の60%」

関税は輸入する品物によって、
税率がことなります。

化粧品には関税はかかりません。

主成分によって税率がことなり、
10%〜15%が目安。
また。製品の原産国によっても
変わります。