読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱サラはインターネットでするネットワークビジネスで!!

このままずっとサラリーマンで働き続けますか?ノルマ、残業、休日出勤。人間関係、通勤時間往復2時間。給料はあがらないのにかさばる出費。なんとかしようにも副業する時間もない。インターネットなら完全在宅、口コミ・勧誘なしで、人に知られず最速のネットワークビジネスができます。不労収入でレッツ脱サラ!

ネットワークビジネスの要・特商法改正!


☆彡
インターネットだからできる特商法遵守の高速集客!
☆彡


平成28年の特商法改正

その内容は


高齢者に2年分くらいまとめて物品を購入させてはいけない。
購入させた場合は契約を破棄できるようになった。

法律違反者への罰則が厳しくなった。
10万円だった罰金が100万円に。
また業務停止命令は1年半から2年に延長。


などです。



特商法とは、
の略称。

毎年のように改正法が出てきますね。


とは、昔の
訪問販売法(訪問販売等に関する法律)
で、

事業者による違法・悪質な勧誘行為等を防止し、
消費者の利益を守ることを目的とする法律。

つまりは、毎年毎年
違法・悪質な勧誘行為が横行しているということ。


訪問販売や通信販売等の
消費者トラブルを生じやすい取引を対象に、
事業者が守るべきルールと、
クーリング・オフ等の消費者を守るルール
などを定めていますね。


今回の特商法の改正は、
高齢者保護と罰則強化。

一部の方の誤った勧誘の仕方がための結果でもあります。



特商法で義務付けられていることは、


◯氏名等の明示の義務付け

事業者に対して、
勧誘開始前に事業者名や勧誘目的であることなどを
消費者に告げるように義務付けています。


◯不当な勧誘行為の禁止

価格・支払い条件等についての
不実告知(虚偽の説明)又は故意に告知しないことを禁止したり、
消費者を威迫して困惑させたりする勧誘行為を禁止しています。


◯広告規制

事業者が広告をする際には、
重要事項を表示することを義務付け、
また、虚偽・誇大な広告を禁止しています。


◯書面交付義務

契約締結時等に、
重要事項を記載した書面を交付すること
事業者に義務付けています。


ネットワークビジネスの勧誘である限り
以上のことをしっかり守り、
相手のことを考えたフェアなネットワークビジネス
したいものですね!


☆彡
インターネットだから勧誘不要でザックザクに集客できる!!
☆彡