読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱サラはインターネットでするネットワークビジネスで!!

このままずっとサラリーマンで働き続けますか?ノルマ、残業、休日出勤。人間関係、通勤時間往復2時間。給料はあがらないのにかさばる出費。なんとかしようにも副業する時間もない。インターネットなら完全在宅、口コミ・勧誘なしで、人に知られず最速のネットワークビジネスができます。不労収入でレッツ脱サラ!

サプリメントはなぜアメリカで流行ったのか?


☆彡
サプリメント代を無料にするネットワークビジネスの方法!
☆彡


医療費は高い!
薬も高い!
貧乏人には予防費が一番安い!

だから、サプリメント
アメリカでは流行ったのだ。

ケガの場合は仕方ないとしても
病気にならなければ病院にも薬局にも
行かなくて済むからだ。



サプリメントは健康でいるためのもの。
健康維持して、病気にならないようにするためのものだ。


月にだいたい6,000円〜45,000円かかるが、
アメリカでは、結果的には
安あがりだと言うことだ。


日本では法律で
国民全員が皆、健康保険にはいらなければならないようになっている。

そして、
その人の年収と家族構成によるが、
会社員であれば、月々2万円前後の健康保健料が
強制的に徴収されでいる。

この保健があるために本来1万円かかる医療や薬代が
3,000円で済むようになっているが、

アメリカには、そんな制度はない!



だから病気やケガをして
自分の意思とは関係なしに
病院に送られれば、
日本では皆保健のために3000円で済むものが
アメリカでは1万円かかるのだ。


日本の場合は保健料が先に
差っ引かれたお金が手取りになっているから
サプリメント代は上乗せの出費になる。



あまり知られていない事実だが、ビル・クリントンは、
日本のような国民皆保健制度を作ろうとしために
女性スキャンダルを摘発され、
大統領の座を外されたということだ。


薬は儲かるのだ!
医療はお金がかかるのだ!

先進諸国の中で乳児死亡率が段突に高いというアメリカ。
その原因は医療費が高くて
病院に行けないことだ!


極貧を体験すればわかるが、
歯が痛くなったり、お腹が少々痛くなったとしても、
お金が少なければ、病院には行かなくなる。

日本では
国民皆保健制度をとっているから
3割負担。

つまり実際には、
1万円かかる医療なら、
3千円で済むが、

国民健康保険料などを払っていなければ、
それも使えず、
1万円を自腹で払うしかないのだ。

1万円で済めばまだいいが、
行って治療してもらわなければ、
いったいいくらかかるのかさえわからないのが医療だ。

払えたとしても、
ただでさえ大変な
日々の生活はどうなるのか?


だから、病院に行かない。
少なくも親は行かない。
子ども優先では行かせるが、
お金がなければ行かせることもできなくなる。


社会健康保険料の
月々の最低料金は1万3千円。
病気にならなくても払わなければならない。

会社員なら健康保険は
強制徴収されるからまだいい。

しかし、自営業や無職の人なら
自分から市役所や町村役場に出向き、
自分で払いに行かなければならない。

だから、行かない。

お金がないからだ。

日々の生活、生活を維持するのための支払いの方を優先するのだ。


結局、健康って、お金なのだ!



医療費は高い!
薬も高い!
貧乏人には予防費が一番安い!

だから、サプリメント
アメリカでは流行ったのだ。


日本ではサプリメント代は
上乗せの出費になる。


でも、健康維持できるなら、
健康アップできるなら、

その方がいい!!


☆彡
インターネットだけで、健康維持して経済的自由まで手に入れる!!
☆彡