読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱サラはインターネットでするネットワークビジネスで!!

このままずっとサラリーマンで働き続けますか?ノルマ、残業、休日出勤。人間関係、通勤時間往復2時間。給料はあがらないのにかさばる出費。なんとかしようにも副業する時間もない。インターネットなら完全在宅、口コミ・勧誘なしで、人に知られず最速のネットワークビジネスができます。不労収入でレッツ脱サラ!

その仕事だけで生活できますか?ネットワークビジネスで月収を超える!


☆彡
今のままでいいなら、クリック禁止!
☆彡


仕事があっても生活できない!

でも、なぜ?



生活のための仕事、
資格を必要とするもの
多いですね。


たとえば、司法書士
資格をとるために、
何年も勉強して、

国家試験に受かってからは

2、3年実務の修行。

その後、自分の事務所を持つ。


そして、何十年も

仕事を続けていく。



しかし、

余裕のある生活ができる程には、

儲かっていないようです。



でも、司法書士をやっていたある方は、

ネットワークビジネスを始めて

仕事の収入をわずか3年で超え、

悠々自適に生活できるようになりました。


 

彼言わく。


・・・・・・・・・・・・・・・


ネットワークビジネスを始め、

実際に不労収入が口座に振り込まれるようになって、

司法書士の仕事をやっていたときに感じていた

将来の生活の不安がなくなりました。


司法書士の資格があれば将来は安泰

なんて想って、

がんばって資格をとったんですが、

現実と想像はまったく違っていました。


司法書士の人数が増え、

価格も下がり、

仕事自体も減ってきている


そう感じて来て、

10年後、20年後、

ずっとこの仕事を続けられるのか?

生活していけるのか?

そういう不安が常にあったのです。


でも、インターネットでする

自分の手腕とパソコン1台あれば、

収入には困らない

ってことがわかりました。



ネットワークビジネスでは、

自分の腕を磨けば磨くほど、

また、インターネットで

ダウンができればできるほど

収入は上がっていきました。



自分の腕を磨き続けていけば、

資格や会社に頼らなくても、

大丈夫だってことですね。


・・・・・・・・・・・・・・・



供給過剰がどんどん進んでいっている仕事には他に、
柔道整復師や整体師などの治療家
の仕事があります。


接骨院の数は、
2002年25,975店舗
だったのが、
2012年には42,431店舗。
10年で1.6倍になっています。

厚生労働省:平成 24年衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況より


これは、コンビニ最大手3社
セブン・イレブン、ローソン、ファミリーマート
の店舗数の合計41,085店舗
それよりも多い数。


しかも、
これは接骨院だけの数で、
整体院なども含めると
10万店舗を超えるのではないか?
この急増、びっくりですよね。



美容室や歯科医院
コンビニよりも多い。


やはり供給過多に陥っていて、
仕事があっても、これでは生活できません。


売り手が10人で
買い手が100人なら、
売り手1人当たり
買い手が10人。

売り手が20人、
買い手が100人なら、
売り手1人当たりの
買い手は5人。

つまり、
売上が半分になってしまった
ということです。

売上が半分になってしまったら、ほとんどの事業が共潰れしてしまいませんか?


まだありますよ。

いわゆる士業も。

2000年16,656人
2014年33,977人
と2倍以上に。

2005年37,607人
2014年44,057人
と10%以上の増加。

2005年26,460人
2014年38,878人
と1.46倍に。


税理士は、
2005年69,243人
2014年74,501人

2006年18,509人
2015年21,658人
まで増えています。


こんな風に、軒並み
資格者の数が、
大きく増加しているのです。


しかも、この勢いはまだまだ
止まりそうもありません。

そうなってくると、ますます供給過剰が進み、
仕事自体の価値が大きく下がってくることになるでしょう。



インターネットでする

自分の手腕とパソコン1台あれば、

収入には困らなくなるかもしれませんね。



☆彡
インターネットでザックザクの高速集客!!
☆彡