脱サラはインターネットでするネットワークビジネスで!!

このままずっとサラリーマンで働き続けますか?ノルマ、残業、休日出勤。人間関係、通勤時間往復2時間。給料はあがらないのにかさばる出費。なんとかしようにも副業する時間もない。インターネットなら完全在宅、口コミ・勧誘なしで、人に知られず最速のネットワークビジネスができます。不労収入でレッツ脱サラ!

デュアルライフを実現するために!!


☆彡
完全在宅のネットワークビジネスでさっさと経済的自由を手にする方法!
☆彡


経済的自由を実現すること!


サラリーマンや店舗経営のように
時間に縛られなくても
日々のお金の心配をすることなく生活できるようにするために



まずは、人と人の製品流通のつながり
(ネットワーク)を作らなければ、
働かなくても入ってくる収入はできませんが、

いったん人数が集まってしまえば、
ダウンが同じことを繰り返してくれ
まさに不労収入になっていきます。



経済的自由を手に入れたいのは、
デュアルライフを実現するためです。



デュアルライフのパターンにもいろいろありますが、
まあ、形はまったくの自由。

数ヶ月海外にも居て、日本に戻るの繰り返しなど、
まったくの自由で。


わたしの場合なら、
北海道の孫の運動会があれば、
まったく仕事のことなど気にせず、

平日のいつであろうと、
すっと北海道へ飛んで行ける。

そして、居たいだけ滞在し、
孫や子ども夫婦、あちらの知り合いとの交流を満喫する。


こんな感じですね。


年金や生活保護に頼る切り詰めたリタイアではなく
いつでも飛行機に乗れ、いつまでもホテルに滞在できるリタイア
そのためです。


あなたの目的は何でしょうか?


☆彡
完全在宅のネットワークビジネスでさっさと経済的自由が手に入る方法!!
☆彡

ネットワークビジネスは特商法のどの取引に当たるのか?


☆彡
インターネットだから勧誘不要でザックザクに集客!
☆彡


特商法のどの取引に当たるのでしょうか?




その対象となる取引には、

次のものがあります。



1、訪問販売
事業者が消費者の自宅へ訪問して契約すること。
商品や権利の販売、サービスの提供を行う等の取引、
キャッチセールス、アポイントメントセールスとも言う。


2、通信販
事業者が、新聞、雑誌、インターネット等で広告し、
郵便、電話等の通信手段により、
申込みを受ける取引。
「インターネット・オークション」も含みますが、
電話勧誘販売」に該当するものは除きます。


事業者が電話で勧誘を行い、申込みを受ける取引のこと。
電話を一旦切った後、
消費者が郵便や電話等によって
申込みを行う場合も該当します。


個人を販売員として勧誘し、
更にその個人に次の販売員の勧誘をさせるかたちで、
販売組織を連鎖的に拡大して行う
商品・サービスの取引のこと。


現在は6つのサービス(役務:えきむ)が対象。
エステティックサロン、語学教室、家庭教師、
学習塾、結婚相手紹介サービス、パソコン教室
の6つ。
長期・継続的なサービスの提供に対する対価を約束する取引。


「仕事を提供するので収入が得られる」
という口実で消費者を誘引し、
仕事に必要であるとして商品等を売って、
金銭負担を負わせる取引のこと。


7、訪問購入
事業者が消費者の自宅等を訪問して、
物品の購入を行う取引。



以上が特商法の取引の種類です。




特商法のどの取引に当たるのでしょうか?


もうおわかりですね。



個人を販売員として勧誘し、
更にその個人に次の販売員の勧誘をさせるかたちで、
販売組織を連鎖的に拡大して行う
商品・サービスの取引のこと

ですね。

ネットワークビジネスの要・特商法改正!


☆彡
インターネットだからできる特商法遵守の高速集客!
☆彡


平成28年の特商法改正

その内容は


高齢者に2年分くらいまとめて物品を購入させてはいけない。
購入させた場合は契約を破棄できるようになった。

法律違反者への罰則が厳しくなった。
10万円だった罰金が100万円に。
また業務停止命令は1年半から2年に延長。


などです。



特商法とは、
の略称。

毎年のように改正法が出てきますね。


とは、昔の
訪問販売法(訪問販売等に関する法律)
で、

事業者による違法・悪質な勧誘行為等を防止し、
消費者の利益を守ることを目的とする法律。

つまりは、毎年毎年
違法・悪質な勧誘行為が横行しているということ。


訪問販売や通信販売等の
消費者トラブルを生じやすい取引を対象に、
事業者が守るべきルールと、
クーリング・オフ等の消費者を守るルール
などを定めていますね。


今回の特商法の改正は、
高齢者保護と罰則強化。

一部の方の誤った勧誘の仕方がための結果でもあります。



特商法で義務付けられていることは、


◯氏名等の明示の義務付け

事業者に対して、
勧誘開始前に事業者名や勧誘目的であることなどを
消費者に告げるように義務付けています。


◯不当な勧誘行為の禁止

価格・支払い条件等についての
不実告知(虚偽の説明)又は故意に告知しないことを禁止したり、
消費者を威迫して困惑させたりする勧誘行為を禁止しています。


◯広告規制

事業者が広告をする際には、
重要事項を表示することを義務付け、
また、虚偽・誇大な広告を禁止しています。


◯書面交付義務

契約締結時等に、
重要事項を記載した書面を交付すること
事業者に義務付けています。


ネットワークビジネスの勧誘である限り
以上のことをしっかり守り、
相手のことを考えたフェアなネットワークビジネス
したいものですね!


☆彡
インターネットだから勧誘不要でザックザクに集客できる!!
☆彡

ネットワークビジネスを選んだ理由は 育児との両立でした!


☆彡
インターネットで高速集客!
☆彡


ある女性からの話です。


ネットワークビジネス選んだ理由は、
育児との両立でした!



お金、お金、お金、・・・・・
お金が足りない・・・・・


お金って大切!

だから、お金が足りなければ、
副業を考える。



でも、そのお金って、
生活、子どものためなんですね。


働かなければ、お金は手に入らない。
だから働かなければならない。
でも小さい子がいたなら、
1人家に置いて仕事に行くわけにもいかない!

だから、家でできること、内職
という選択になる。



ネットワークビジネス選んだ理由は、
育児との両立でした!



本田健さんのプチリタイア
それも育児のため。

それもこれも家に居て働かなくても
生活ができるようになったからできること。

そのためには、
働かなくても収入が入ってくる
そんな仕組みを作り上げておく。

本田健さんは、
ビジネスでそれを築き挙げましたよね。



40代でのリタイア

これもビジネスで。
不動産ビジネスからでしたね。



ネットワークビジネスもビジネスですね。
事業という感覚はないかもしれませんが、
きっちりとした事業です。

社長はあなたです。
ダウンは社員ではありませんが、
ダウンさんがいて、製品を買い続けられる限り、
あなたには、何もしなくても
毎月毎月収入が入って来ます。

社長のあなたも、ダウンさんも
お客さんであり、社員なんですね。

あなたのダウングループは、
言ってみれば、あなたの会社なんですね。



ネットワークビジネス選んだ理由は、
育児との両立でした!

口コミしなくちゃならないんじゃないの?
って想われてます?

わたしがしているのは、
インターネットでするネットワークビジネスなので、
口コミ不要です。外出不要です。
完全在宅です。

だから、家に居て、育児しながら、
子どもと散歩しながらでもできるんです。


ネットワークビジネス選んだ理由は、
育児との両立でした!


☆彡
インターネットでザックザクの高速集客!!
☆彡

在宅主婦がストレスなしでネットワークビジネスに大成功!


☆彡
ストレスなしのザックザク集客法!
☆彡


ママ友に明日、会う予定があって
ほんとは会うのが嫌なのなら、
もうやめてくださいね!

これからはもう、
集客でストレスを抱える事は、
一切ありませんから。



ネットワークビジネスに参加している女性の8割は主婦だそうです。


その参加理由は、

・子供の教育費。
・好きな服を自由に買いたい。

・美味しい料理を食べたい。
・毎月、旅行に行きたい。

・夫の収入では、ヤリクリが大変!
・エステに通いたい。

・ママ友が欲しい。

などなどだそうです。


あなたは、どのような理由で
参加されたのでしょうか?



主婦の方が、ネットワークビジネス
参加されるときの最大の壁はなんと、

ご主人の理解!!

だそうです。


わかるような気がしますね。



たいていのご主人は、
口コミに対し、
極度の拒絶反応を示します。


だからとご主人に内緒で参加の主婦も結構いらっしゃいますが、
それにしても、口コミだと、
人に会うために外出しなければなりません。

土日など、決まった曜日や時間に外出すれば、

浮気をしているのでは!?とまではいなかくても、
ご主人に、あれ?と怪しまれますよね。


外出もままならないため集客にならず、
ネットワークビジネスで収入を得られないばかりか、

離婚した方もいます。


はたまた、
子育て中の主婦の方にとっては、

都合のよい時間に人に会ったり、
セミナーやミーティングへ参加する

そのために外出することさえ厳しいのではないか
と思います。


でもこれらの問題なら、
インターネットを使えば解決できるんです。


好きな時間に活動もできます。

家を一歩も出ず、
セミナーやミーティングに参加できます。


夫に内緒、
だから、夫に内緒で活動して、
自分の収入を稼いでいる主婦の方が
多くいらっしいます。


インターネット環境でするネットワークビジネスなので、
メールやFaceBookなどで、

日本のどこにいる方とも、
いえいえ、海外に住んでいらっしゃる方とも

いつでも会話することもでき、
和気あいあいと楽しくできます。

今は気軽にインターネットで会話ができる時代。
そんな活動ができる環境があるからできることなんですね。


これからの時代は、夫に内緒で、
ネットワークビジネスで稼ぐことができるやり方が
主流になることでしょう!


☆彡
ストレスなしのザックザクのインターネット集客法!!
☆彡

こんな素敵なアップと仲間のいるネットワークビジネスって他にあるの?


☆彡
誰も知らなかった!インターネットで構築するネットワークビジネス法!
☆彡


こんな素敵なアップと仲間のいるネットワークビジネスって、
他にあるのでしょうか?




口コミや店舗販売方式が普通の

誰も作れなかったインターネット集客法で
ダウン組織を構築していくネットワークビジネスがあります。



それだけでもすばらしいのに、
数々のメーリングで
アップラインとの日々のつながり
仲間とのつながりがある。
もちろんダウングループとのつながりも。

他に知っていますか?



さてさて、
あなたが不労収入を手にできるようになるまで、
あなたのためにアドバイスくれる
あなたの直アップをどう思いますか?

うれしくありませんか?



でも、直アップだけでなく、
アップのアップ、
アップのアップのアップ
と、あなたのアップラインまでが
あなたのためにアドバイスくれるなら、

もっとうれしくありませんか?



アップだけでなく、
同じネットワークビジネスをしている
仲間たちからもアドバイスもらえたら
どうですか?




充分な不労収入を手にできるようになるまでは、
わたしたちは副業としてネットワークビジネスをしているわけですね。


人それぞれの時期というものがあり、
残業が続く時、出産の時、
本人・家族のケガで入院の時、
地域行事などなど
時期時期でいろいろある。
お互い様ですよね。



だから、
参加されたばかりのあなたを育てるのは
太郎さん1人だけでも大変!

しおりさん1人だけでも大変!

けんさん1人だけでも大変!

おちよさん1人だけでも大変!


だったらみんなで手をかけたらいい。
これが実はほんとのネットワーク(つながり)ビジネスなのでは?

だから、みんなが育つ!!
わかれば育つ!



みんなに気にかけてもらえる人は
人の何倍も幸せになれる!!
そうではないですか?


それがインターネットだからできる



そうなれないとしたら、
その壁は自分が作っているだけなのでは?




普通は直アップとのつながりだけ
になりがちなネットワークビジネスの中で、
直アップも、更にその上のアップも
はたまた更に上のアップまでが
あなたのためにアドバイスしてくれる。


 
それもこれも元がインターネットだから。
普通にメールを使うから。
CCを使うから。

1年365日24時間。
出しておいたら、誰かの反応が。
ありがたいことですね!



もちろん、スカイプセミナー、
ライン緊急連絡などのSNSも。




こんな素敵なアップと仲間のいるネットワークビジネスって
他にあるのでしょうか?


☆彡
1年365日24時間ほったらかしでできるザックザク集客法!!
☆彡

ネットワークビジネスは自己責任!〜ネットワークビジネスで自殺・・


☆彡
友だちが1人もいなくてもできるネットワークビジネス
☆彡


最初から最後まで自己責任ですが、

そんなネットワークビジネスで自殺した人を
あなたは知っていますか?

わたしは知っています。



そのネットワークビジネス会社の製品を使いたい
という多くの愛用者や

その製品を広めることで報酬を手にしたいダウンを作る
その2つで初めて収入になるビジネスです。


だから、多くの友人・知人、親戚に声掛けし、
ネットワークビジネスへの参加呼びかけがまず
大前提になります。
その呼びかけも自己責任です。


次には、
愛用者・ダウンへの製品発送の際、
アップのあなたから発送をさせるシステムをとっている
ネットワークビジネス会社もあります。


そうすると、まずはアップのあなたが
あなたが製品を販売する方々の代金を
一旦すべて払わなければならず、
この負担はかなりのものになります。


この金銭的な負担はかなりのものです!!

でもダウンさんの製品を止めるわけにはいかない
自己責任ということで、
中には借金までして製品を購入する人もいます。



借金には利子が付きますので、
販売差益以上の利子がつけば
本末転倒になってしまい、
何のために始めたビジネスなのか
わからなくなってしまいますし、

そもそもそう何回も
借金なんてできるものでは
ありませんし。



ネットワークビジネスで自殺した方は
まさにこの借金が原因でした。


また、仕事を通じての知人への
無理な勧誘のために、
本業での信用もなくなってしまい、
疎遠されるようになり、
本業も立ち行かなくなってしまいました。


本業以外で金銭的余裕を産む
そのために始めたネットワークビジネスで、
本業そのものをなくしてしまっては
たまったものではありませんね。



でも、もちろん、
ネットワークビジネスを始めたのも、
製品のために借金までしたのも

すべては、自己責任です。 
誰も責任はとりません。


だから、
製品、販売方法、報酬プランをよく納得してから参加し、

参加してからも、自分に合っているかいないか
よく検討しながら続けることが大切なんですね。


☆彡
一切勧誘不要のザックザクのダウン獲得法!!
☆彡